文化祭を法被で盛り上げます。

大学の文化祭の運営をやっているのですが、今年はみんなで法被を着て行うことになりました。従来は、なにか決まったコスチュームや服装の決まりもありませんでした。ただなんとなくジーンズにTシャツといった、スタッフっぽい雰囲気の衣裳を着ることが多かったです。今年は、予算も少し増えたので、奮発して法被を新調して制作することにしました。値段は思っていたよりも高くはなく、大量発注することで少し安くなりましたので、予算オーバーになることもなく安心しました。オリジナルで制作してもらい、大学や文化祭の名前、運営の文字を入れてもらい、デザインもかっこいいものが出来ました。全員で同じ衣装を着ると、やはり統一感も出て、やる気も高まります。品質も丈夫で長持ちしそうです。これなら来年以降も使いまわせるし、コストパフォーマンスもいいです。

応援団はやっぱり法被です。

高校の体育祭の応援団をやることになったので、オリジナルの法被をみんなでつくることにしました。色や柄を自分たちで決めることができて、かなり満足のいくものができました。炎が効果的にデザインされたカッコイイ衣裳です。値段がどのくらいになるのか心配しましたが、生地の種類や刺繍の有り無しなどで調整して、無事に予算内に収めることができてほっとしています。毎日遅くまで練習して疲れてしまいますが、この衣裳を着ると断然やる気が出てきます。伝統の振り付けを覚えるのが大変ですが、みんなで同じものを着ていると、一つの目標に向かっている気持ちが高まってきて、つらくても頑張れます。体育祭の応援団になったことは高校で一番記憶に残る出来事になるだろうし、この法被を見るたびにきっと懐かしく感じるでしょう。そう考えると、この衣裳は大事な記念品です。

伝統の祭りには法被が似合います。

地元では馬を引き連れながら、神輿を担いで行う祭りがあります。毎年参加しているのですが、そこで毎年着ていた法被が古くなり、ところどころ破れてしまっていたので、今回新しく作りなおしました。新調するにあたり、そろそろ祭りに参加できる年になった子供の分も一緒に注文しました。帯や豆絞りもセットで販売していて、値段も案外安かったので大変満足しています。子供と一緒に祭りに参加できるようになったことが、今回一番うれしいことです。まだまだ小さいので目を離せませんが、賑やかではあるもののそんなに激しい祭りではないので安心です。迷子にならないか心配なところもありますが、万が一迷子になってもこの派手な法被できっと見つけやすいはずです。この子も次第に大きくなって、この衣裳が着れなくなるかもしれませんが、それはそれで良い記念品としてとっておけるのでうれしいです。