意外と知らない法被と半纏の違い

お祭りの時には法被を着る機会も増えますね。お祭りのときでなくともお店の前に法被を着た店員さんを見かけることもあるでしょう。もともと職人さんなどが着用するユニフォームでした。では、半纏との違いはご存知でしょうか。どちらも形は似ていますよね。どちらも腰か膝までの丈の羽織の形をしていて、デザインに男女の違いはありません。一般的にはっぴには胸のところに紐がついていますが、半纏にはついていません。半纏は作業着や仕事着として使われていたので背中や腰にお店の名前などが入ったりします。一方法被は氏子さんのためのもので、色は白が基本。背中には神社の紋を入れたりします。誰でも着れるわけではなく、立場の高い人のみが身につけることができます。私たちがお祭りでよく見かけるものは「祭り半纏」というもので広く流通しており、今は通販でも購入することができます。

地元の祭りで法被は必須アイテム

地元の祭りに参加するために購入しました。かなり伝統ある祭りで、長い昔から続いている歴史があります。いくつかのグループに分かれて神輿を担いで市内を練り歩きます。成人したのを機会に、この祭りに参加することにしたのですが、自分の法被をもっておらず、今後毎年参加することも考えて自分専用を作ることにしました。デザインは所属するグループのものが決まっているのですが、自分の名前を一部に入れてもらい、自分だけのものという感じがして嬉しくなりました。法被を着ると一体感が高まるのが楽しいところです。みんなで一丸となってお祭りを盛り上げていこうという熱い気持ちが高まってきます。重い神輿を担いだり、市中を長い距離を歩いたりと肉体的にもきついものですが、頑張ることができました。法被を着て先輩方の伝統を受け継いでいきたいです。

法被を着てみんなで盛り上がります。

会社の忘年会で同僚のみんなと同じ法被を着て盛り上がりました。毎年、忘年会はさまざまな趣向を凝らして行うのが我が社の恒例ですが、今年は旅館の宴会場を貸切、みんなで同じ法被を着て一年の疲れをねぎらうことにしました。やはり同じ衣装を着ると、一体感が出て良いです。今年は例年以上に盛り上がることができました。オリジナルで制作してもらったものなので、世界に一つだけの物です。会社の名前や今年の年号なども入っていて、しばらくたって見返すときっと良い記録になります。特に今年は自分の会社では大きな出来事が多くあり、大変なこともありましたが何とか歴史的にも良い結果を残すことができたので尚更です。きっとこれを見返してこの年を懐かしく感じるはずです。ありきたりな記念品とは一味違った趣があり、とても良い記念品になりました。

無地のはっぴが 税込みで¥1,390です! 大人気の市松柄はっぴは、¥2,270税込みで販売しています。 大量仕入れで他社に負けない安価を実現してます。 色々な種類の弊社オリジナルの既製品はっぴを1枚から大量口まで販売しております。 即日発送可能なはっぴが多数あります! 営業時間は、月曜~金曜 9:00~18:30 土曜日 9:00~17:30 日曜と祝日はお休みです。 法被の刺繍加工はおまかせください